視力 低下をSTOP

視力回復グッズ

コンタクトレンズの選び方

視力が低下したときに使うコンタクトレンズは、角膜の上に直にレンズを乗せることにより視力を矯正するものです。

これにより、角膜とコンタクトレンズは一体化するので、めがねのようにフレームが視界をさえぎることはありませんし、めがねよりも質の良い映像を得ることが出来るわけです。

それに、コンタクトレンズは角膜に密着するので落下しにくいです。なので、激しいスポーツにも向いており、不正乱視も矯正することができます。これはめがねでは矯正することは出来ません。また、左右の眼の度数に大きく差があるといった視力の矯正にも対応できます。

コンタクトレンズは、ハードとソフトがありますが、どちらにするかは、それぞれの特徴をしっかりと理解したうえで、使い勝手のいいほうを選ぶといいでしょう。まず、ハードレンズですが、これは丈夫で壊れにくいです。それに、汚れにくくて手入れも簡単です。そして、眼の小さな異常でも痛みとして反応しますので、病気の早期発見が可能です。

デメリットは、違和感を感じることがあることや、異物が眼に入ったときには強い痛みが出る点です。それに対して、ソフトレンズは素材がやわらかいため、角膜にもなじみやすく、異物も入りにくいのでずれることが少ないことや、異物感が少ないため、慣れるのが早いことです。

デメリットは、寿命が短いこと、手間がかかること、病気の発見を見逃しやすいという点です。基本的に、購入前には眼科の検査、処方を受けてからにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved