視力 低下をSTOP

視力低下の基礎知識

視力が低下する原因

視力の低下には原因が存在します。根本的に何もしていないのに視力が低下するはずはありません。近くのものをずっと見ていたり、長い時間ゲームやパソコンをしていたり、テレビを見る、暗いところで本を無理に読んでいたりすると、眼に負担がかかってしまい、眼精疲労状態になってしまいます。

また、暗いところで本を読んでいたりするなどの眼に良くない習慣や、慢性疲労、衰弱や精神的な疲労、またはストレスを溜めることは、眼を動かすための筋肉を緊張させてしまいます。

この、眼精疲労や眼の筋肉の緊張が視力低下の原因になるのです。極端に言ってしまうと、テレビを見ることで視力の低下になるのではなく、眼に悪いことをすると視力が低下してしまうのです。

また、寝転がってテレビを見ていると、見ているものに対しての距離感が変わって来ます。結果として左右の眼では視力が変わってきます。両目の視力に差が出ると、どうしても見えるほうの眼ばかりを使ってしまうため、視力低下に拍車をかける結果になるのです。

根本的に考えて、眼は放っておいても景色を情報として見せてくれるものであって、疲労は避けることが出来ません。視力の低下を防ごうと思ったら、過度の刺激を眼に与えないようにして、適度に眼を休めてあげるということが必要になってくるわけです。

視力が低下してきたなと感じるようであれば、まずは眼に悪いと思われるような生活習慣の改善から取り組むようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved