視力 低下をSTOP

視力低下の基礎知識

めがね、コンタクトによる視力低下

現在、本当にたくさんの人がコンタクトレンズやめがねのお世話になっています。

これは、やはり視力が低下してしまっている人がたくさんいるからなのでしょうが、視力は一度低下したら、もう元に戻ることがないと思っている人が多いのも、要因のひとつとして考えられますね。

気がついたら眼が見えにくくなっていたのでめがねをかけはじめた、または、眼があまりよくなかったのでめがねをかけていたけど、コンタクトにした、という人もいるでしょう。問題は、視力が低下してしまったからといってすぐにめがねやコンタクトを使うことです。

少しくらい視力の低下があっても、安易にコンタクトを使うのはやめたほうがいいでしょう。本当に近くのものも遠くのものも見ることが出来ないというのであれば話は別ですが。

これには理由があって、眼は悪くなったときに無理に矯正してしまうと、そのときの状態に対して眼が慣れを起こしてしまうのです。これによって、本来眼が持っているはずの視力の限界値が下がっていってしまうのです。

眼が悪くなってしまって、遠くのものが見えにくいからめがねを作ります、というのは良くわかりますが、いきなり度のきついものを使うことのないようにしましょうね。それから、自然治癒力を発揮することが出来る状況を作ってあげられるようにしてみてくださいね。

例えば、景色の良い山奥などに行って、綺麗な景色を見て眼を休めるといいでしょう。この時、出来るだけ遠くを見てあげるといいでしょう。視力はある程度は自然に回復していくものなのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved