視力 低下をSTOP

視力低下の基礎知識

コンタクトによる障害

日本全国でも、コンタクトレンズを使っている人は大勢います。調査によると、そのうちの10人に1人は、何らかの眼の障害を持っているようです。

技術の進歩によって、安全にはなって来ていますが、コンタクトレンズを使う際には十分に注意をしなければなりません。色々な眼の障害を引き起こすかもしれないからです。

コンタクトレンズを使うことによって起こる目の障害には、次のようなものがあります。点状混濁という、角膜表面に浅い傷が出来るもの、角膜上皮びらんという、角膜の傷が進行してしまい、細胞が脱落するもの、角膜欠陥進入障害という、角膜に毛細血管が入り込むもの、そのほかにも、角膜浸潤や、角膜潰瘍と呼ばれる障害があります。

そのほかにも、ウイルス性結膜炎などの障害になることもあります。これらの障害を避けるためには、正確なコンタクトの使い方を守ると共に、使い捨てコンタクトの使用期限を守るようにしましょう。

後は、コンタクトレンズを使わずに、めがねを使うことですね。見た目は全く変わらないので、めがねよりも普及率は高いと思われるコンタクトですが、このような病気になる可能性を秘めていますので、出来るなら視力を回復させて、使用しないで済むようにするのが一番です。

そうすることで、様々な病気を避けることが出来るのです。視力が低下しすぎてしまうと、色々なところで悪影響がでますので、視力が低下したと思ったら直に対策を練るようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved