視力 低下をSTOP

レーシック

手術までと手術の流れ

視力の低下した状態を回復するために行うレーシック手術ですが、クリニックで行われる手術の流れとしては、まずは予約を行い、問診を受けます。それから、レーシックに対する適応検査を受けることになります。

検査を通過したらカウンセリングを受けることになり、手術日の予約をします。そして、手術を受けるといった流れになっています。実際の手術の流れは、まずは目の周りをしっかりと消毒してから眼の中を消毒し、局部麻酔薬の点眼をします。それから、フラップを角膜に作成します。

角膜のふたと言われるものがフラップで、これの内側の角膜にレーザーを当てることで角膜の形の修正を行います。この最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついていますので、手術中に目が動いてしまっても、自動的にレーザーの位置は正しい場所に修正される仕組みになっています。

大体、レーザーを当てる時間は数十秒で、角膜の修正が終わった時点でフラップを元の位置に戻すことになります。そして、最後に目の洗浄を行います。大体手術の所要時間は20分くらいになります。角膜は、自然に接着していきますので安心しましょう。

レーシックの手術は、聞いたことがない人であれば、怖いとか、時間がかかるといった誤解がありますが、実はそういったことはなく、安全で所要時間も短いものです。

視力の低下に対して、不満を持っているようであれば、一度クリニックに足を運んでみるのもいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved