視力 低下をSTOP

レーシック

質問と回答

視力の低下に効果があるとして注目されているレーシックについての質問と回答です。まずは、レーシックでどれくらい視力が回復するかということですが、これは個人差があって一概には言えないですが、メガネなどで矯正した視力程度までは回復します。

それから、レーシックの手術は痛いかということですが、点眼剤で麻酔をするために、痛みはほとんどありません。目に違和感が出ますが、目薬などでケアすれば緩和させることは可能です。

そして、レーシックの手術後に視力が低下することはあるか、ということですが、普通はレーシックの手術後、大体1ヶ月から3ヶ月くらいで視力は安定するのですが、時間が経過することで視力が下がってしまう人もいるようです。

ただ、この現象は自然治癒力によって、レーシックにより形成した角膜が元に戻ってしまうことで起こります。ですから、これには個人差があって、全ての人の視力が低下するというわけではありません。

レーシックで失明することはあるのか、ということですが、レーシックは角膜の手術ですので、眼球内部に影響はありません。よって、一般的には失明することはありません。それから、乱視であってもレーシック手術を受けることは可能ですが、乱視の矯正をしていない場合にはレーシック手術を受けられない可能性はあります。

そして、スポーツはいつからできるか、ということについてですが、激しい運動や、目に影響がある運動については、術後一ヶ月以上経ってから行うことが可能になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved