視力 低下をSTOP

レーシック

レーシックとは

視力の低下に対して効果があるといわれているレーシックとは、医療用のレーザーを角膜に照射して視力の回復を狙おうというものです。

1995年の米国食品医薬品局によって、エキシマレーザーが認可されてから、アメリカでは毎年100万人以上の人が利用している手術で、日本でも2000年に認可されてから、手術を受ける人は毎年増えていっています。

このレーシックの手術料金は、大体片目で10万円から30万円、両目では20万円から50万円くらいが相場になります。このレーシックの手術は、健康保険の適用がありませんが、生命保険などに加入していれば保障の対象になります。

一般的には最大で10万円の手術給付金が支給される可能性もあるのです。ですから、一度保険会社に問い合わせてみるといいのではないかと思います。

この手術は、痛みもほとんどありませんし、簡単ですので約20分程度で終了するものです。特に入院する必要もありませんし、日帰りで帰ることも出来ます。そして、翌日には視力が回復するというものです。

ちなみに、このレーシックの手術によってどれくらいの視力が回復するのかといいますと、個人差はあるのですが、一般的には近視の方ならば、コンタクトレンズを装着したときか、それ以上の視力の回復が見込めます。レーシックの手術を考えている人は、もしかしたら失敗してしまうかもしれないと思うかもしれませんが、現在は技術が発達しているため、国内では失明してしまったという報告はありません。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved