視力 低下をSTOP

レーシック

リスク

視力の低下に対して効果があるとされるレーシックの手術ですが、最悪のパターンである失明といった事例は、今のところ世界中でも報告はされていないようです。

これについては、インターネット上では間違った情報も存在していますので、直接信頼できる医師に相談を持ちかけるのがいいでしょう。失明というリスクまでには至らないにしても、レーシック手術後における合併症として、手術直後には目が全体的にぼやけてしまい、見えにくい状態になることがあります。

ただ、これはあくまでも手術直後のもので、徐々に改善はされていきます。ただし、高齢だったり、近視や乱視が強い場合は、安定するまでに時間がかかることがあります。

また、明るい光がまぶしく見える、グレア現象、明るい光の周りにもやがかかって見えるようなハロー現象というものがあります。これは、3ヶ月くらいで治るといわれています。

それから、ドライアイの症状が出ることもあります。また、結膜下出血といわれる症状も出ることがあります。この出血は、白目からのものになりますが、大体1週間から2週間で自然に消えていきます。

こういったリスクはあるものの、大体がある程度の期間で完治するものばかりですし、症状が出ても医師の指示にしっかりと従ってれば問題のないものばかりですで安心してもらってもいいと思います。それに、症状が出る人もいれば、出ない人もいます。この部分に関しては実際に手術を受けてみないとわからない部分もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved