視力 低下をSTOP

レーシック

コンタクトとどっちが得か

レーシックの手術とコンタクトレンズはどちらが得になるのでしょうか。どちらも視力の低下に対して有効な手段であるだけに、特にお金の面において、慎重に選択したいところですね。

まずは、レーシックの手術代金ですが、1回につき20万円程度かかってきます。これを踏まえた上でコンタクトレンズの料金を調べてみましょう。コンタクトレンズの使い捨てを使用すると仮定した場合、1DAYのものであれば、1年間で約9万円、1Weekのものであれば、約6万円といった金額になります。

これだけ見れば、レーシックの手術を受けるのは割高なのではないかと思われますが、これを長期的に考えてみると、例えば10年間コンタクトレンズを使い続ければ、単純に金額は10倍に膨れ上がり、レーシックの手術代金の約3倍から4倍になるのです。

この部分だけ見ても、すでにれーシック手術に分があると思われます。レーシックの手術は、一度行ってしまえばかなり長期的に視力の回復が見込める手術です。ですから、コンタクトレンズを長期的に使うよりは、レーシックの手術を受ける方がかなりの得になるということですね。

どうしても手術が嫌であれば、コンタクトを使い続けてもいいと思いますが、本当に裸眼で生活出来るという便利さを考えてみると、やはりお金の面でもそうだと思いますが、精神面からしてみてもレーシックの手術はメリットが大きいし、コンタクトレンズよりも得な部分が大きいのではないかと思います。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved