視力 低下をSTOP

裸眼に戻る為に

目が悪いと不便

視力が低下すると、色々なものが見えにくくなってしまって、不便に思うことも出てくるでしょう。もしかしてこんな経験はありませんか?例えば、自転車に乗っていて、ガードレールにぶつかった。

犬だと思って呼んでみたらダンボールだった、メガネがどこにあるのか分らなくなった、友達とすれ違っても気がつかなかった、街灯がぼやけて別のものに見える、視力検査の棒がどこにあるのか分らない。こうなると生活に支障が出てしまいます。

視力を回復すれば、こういったことも起こらなくなります。もっというと、視力が良くなれば、朝起きたときにめがねを探さなくてもいいですし、使い捨てコンタクトレンズに無駄なお金をかけなくて済むわけです。使い捨てのコンタクトレンズも、安いものではありません。

ずっと使い続けると、年間でも結構な金額になりますよね。基本的に視力が低下していなければ、めがねもコンタクトも必要はありません。視力が低下しているだけで、何を見るにも力を使いますので、すぐに眼に疲れが溜まってしまい眠たくなるのが早いなどの弊害もあります。

実際、映画で字幕が見えにくければすぐに眠たくなってしまいますよね。場面は違いますが、大事な会議の席などで、そんな症状が出てしまったらどうなるでしょうか。視力が良ければ、眼の負担も少なくて済みますので、すぐに眠たくなるようなことはありません。

視力を回復させて、裸眼に戻すためにも、まずは出来ることから少しずつ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved