視力 低下をSTOP

裸眼に戻る為に

視力回復方法

視力を回復する方法を三つに分類して、比較してみました。視力回復トレーニングと、レーシック、それからオルソケラトロジーです。それぞれが長所と短所を持っていますので、一つずつ見ていきましょう。

まずは、視力回復トレーニングです。長所はやはり怪我のリスクが少なく、時間はかかってもお金はあまりかかりません。短所は、根気よく続けなければ回復は難しいです。

また、視力回復の原因を取り除いて、生活習慣を改善してあげなければいけませんし、基本的に乱視は治せません。回復にかかる時間は、軽度であれば数日、重度であれば数ヶ月から数年かかる場合もあります。費用は特にかかりません。

そして、レーシックです。長所は短期間で視力を大幅に回復できる可能性があります。短所は、合併症のリスクを持っている点です。フラップのずれが起こるかもしれません。回復にかかる時間は、翌日になることもありますが、安定するには数日から数ヶ月の期間が必要になります。

リスクは、合併症やハロ・グレアが起こる可能性があることです。費用は、両眼で15万円から30万円くらいになります。そして、オルソケラトロジーです。長所は短期間で大幅な視力回復を期待できる可能性があります。短所は、専用のコンタクトレンズを使うので、費用がかかります。着用をやめると、しばらくしたら元の視力に戻ります。

また、過度の近視には向きません。回復にかかる時間は、早ければ翌日からになります。リスクは、ハードコンタクトレンズと同じ眼病や怪我の可能性があることです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved