視力 低下をSTOP

裸眼に戻る為に

視力がいる資格と職業

視力が低下していると就けない職業があります。自動車の免許など、めがねやコンタクトでの矯正をしても問題ないものもありますが、矯正が不可のものもありますので、注意してください。

まずは、運転免許です。原付や小型特殊は、両眼の視力が0.5以上であること、または一眼が見えない場合には、他眼の視野が左右150度以上、視力が0.5以上であることが条件です。

普通一種、自動二輪、大型特殊については、両眼で0.7以上で、それぞれの視力が一眼で0.3以上であること。大型、牽引、第二種免許については、両眼で0.8以上かつ、一眼それぞれが0.5以上であること。奥行知覚検査器による検査を3回行って、誤差が平均2cm以下であることが条件です。

そして、小型船舶操縦免許です。両眼ともが0.6以上で、片方の視力が0.6未満の場合、もう片方が0.6以上であり、視野が左右150度以上であることが条件です。そして、資格ですが、法務教官ですが、裸眼視力のどちらか一方が0.6未満であれば不合格になります。

ただし、矯正視力が両眼で1.0以上であれば差し支えありません。客室乗務員は、矯正視力が1.0以上であることが条件です。自衛官は、裸眼視力が両眼で0.6以上または、裸眼視力が0.1以上で矯正視力が0.8以上であること。また、パイロットはレーシックの手術を受けているとなることが出来ません。

こういった職業が、視力が必要になってきます。命に関わるような資格、職業には視力が必要なことがわかります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 視力 低下をSTOP All Rights Reserved